政治家を目指す加藤好啓のblog

政治家を目指すblackcatこと加藤好啓です。
これからの時代を考える時、地方政治も従来のような指示待ちの姿勢ではなく積極的に地方行政が積極的に住民と一緒により住みやすい町を目指すべきだと考えています。
そこで、まず私自身の考え方を知っていただきたく、こうしてblogで政治的信条や政策を提言させていただく所存でございます。
ぜひ、読者登録をお願いします。

今こそ、政治家の力量が問われるとき

敢えて聞く国会議員の覚悟とは?

北朝鮮情勢が緊迫しているなかで、野党の一部は森友学園の問題などをひたすら取り上げたり、国会審議を拒否するなど、凡そ国会議員とは思えない行動を取っていますが。
国会議員の資質って何なんでしょう?
敢えて皆様にお聞きしたいと思います。
国会議員の本質、もっと言えば国会議員の本領とでも言いましょうか。
国民の代表であり代弁者であるとともの、国益を守るために、もっと言えば国を守るために命を懸ける・・・それくらいの覚悟があるのでしょうか。
我々も戦争は望みませんが、戦争を起こそうとする国が隣にあってそれに対して対話をするのは重要ですが、並行して万が一の場合の準備は並行して行わなくてはならないわけです。
少なくとも国会議員は、そうしたことも踏まえて国の安全保障はどうあるべきなのか政府に質す、韓国に在留するであろう邦人保護をどうするのかと言った問題を踏まえて本来は議論すべきことではないのか。
戦争反対とお題目を上げることも大事ですが、「戦争というのは政治の延長である」
これは有名な、カール・フォン・クラウゼヴィッツの戦争論で言われている言葉であり、実際に武力の行使は政治の延長で有るわけです。
何故戦争が起こるのか?
それは、政治の延長上で解決できない問題があるから、戦争という暴力行為が有るわけで、子供を躾けるときに、ある程度の力での抑制が必要なように、言葉で解らない場合にはそうしたことも必要になってくる。
そうした視点が、今の一部の野党。
はっきり言います、民進党には欠けているのではないでしょうか?

民進党議員は猛省すべき

民進党を名指しにするつもりは無かったのですが、第1次民主党の頃と比べればその劣化が著しい。
元々、政権交代できる健全な野党として民主党は設立されたわけでその時には、自民党、民社党などからも分離して新たな政党が出現したと思ったのですが・・・
現在では、日本共産党よりより劣化して、社会党左派の残滓だけが残った社民党よりも情けないのが今の民進党でしかない。
いまでも、民進党の頼りは、労働組合のが中心の筈ですが、その労働組合からも愛想をつかされている現状では、民進党の存在意義はどこにあるのでしょうか。
今すべきは、国際情勢に対して中道と言うのであれば、安全保障に対して対案を出すくらいの勢いがないと到底健全なる野党と言えないし、政権交代を狙える野党とは言えないのでは何でしょうか。
どこまでも、〇〇が・・・と言っているようでは、世間は呆れてしまうでしょうし。
むしろそうした意味では一貫してそうした政権批判している日本共産党の方が寧ろ筋が通っているようにすら見えてきます。

今こそ、国会議員は、国を守るとということを再認識するべき

国会議員が高い歳費を税金から受け取っているのは、あなたたちに偉そうにしてもらうためではなく、我が国に住む日本国民のためにどれだけの国益を与えられるかということであり、必要以上に時の与党政府を攻撃するだけのものでは無いはずです。
主義主張は違って当然ですが、日本の国会議員が日本人を貶めるような行為が許されるべきなのでしょうか。
韓国人の集会に行って一緒になって日本は悪いという国会議員もいるようですが、敢えて誰とは言いませんが、九州新幹線と同じ名前の議員…なんて正直国益に反しているとしか言えないのではないでしょうか。
私は、考え方の違いは受け入れます、ただし、それはあくまでも、日本国の中での国益を守れる議員であってという前提です。
それが出来ないのであれば、やはり議員としては退場していただくしかないのではないでしょうか?

私の考え方は間違っているでしょうか?

基本政治的なことであっても出来るだけ過激なことは書かないようにしてきましたが、現状の緊迫した政治情勢の中で、あまりにも能天気な行動を取っている野党第一党、これでは本当に健全な日本の政治はおぼつかないと考えます。
今こそ、本当に健全な野党が育つことを心より祈念いたします。
敢えて言えば、日本のこころ、日本維新の会(個人的には日本維新の会の主張には全面的には賛成できない否むしろ反対ではありますが、国益を守るという視点では評価、更には自民党の保守(右派議員)民進党でも旧保守勢力等が結集して、本来の政権交代を担える健全な野党が出現すべきなのではないでしょうか?

加藤好啓の主張

最後までお読みいただきありがとうございました。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。