政治家を目指す加藤好啓のblog

政治家を目指すblackcatこと加藤好啓です。
これからの時代を考える時、地方政治も従来のような指示待ちの姿勢ではなく積極的に地方行政が積極的に住民と一緒により住みやすい町を目指すべきだと考えています。
そこで、まず私自身の考え方を知っていただきたく、こうしてblogで政治的信条や政策を提言させていただく所存でございます。
ぜひ、読者登録をお願いします。

地方議員はもっと、こうしたことに尽力すべきではないのか。


兵庫県の山間部の町に、昔、鉱石の運搬に使用された鉄道の跡がある。その鉄道は鉱山の仕事に従事する人とその家族については1円の料金で運んだことから「一円電車」の愛称で呼ばれていた。
 「一円電車」は昭和60年代の初めに廃止になったものの、いま、この跡を活用して、新たな地域の活性化に結びつけようという動きがある。それでは兵庫県・明延(あけのべ)の人たちはどのようなことを考えて復活に取り組んでいるのか。現地を訪ねてみた。


一部抜粋


Yahooニュースで上記の記事が出ていたのですが、明延鉱山。私も直接かかわったわけではないのですが、多少なりともお手伝いをさせていただいたことがありました。
私は直接明延には行かず、その写真などを参考にして、依頼された会社の意向に沿って企画書をまとめ上げたのですが、その会社とはちょっと行き違いがあって当時の資料も捨ててしまったのですが、当時の写真が何枚か出てきましたので、その写真の画像を基に、少しだけ持論を展開させていただこうと思います。

明延鉱山とは?

明延鉱山とは、そもそもどんなところだったのでしょうか。
古くは平安時代から採掘がされていたと言われ、明治初年(1868年)、生野銀山とともに官営となり、1896年(明治29年)に三菱合資会社に払い下げられた。と記述されています。(Wikipedia参照)


最盛期には4600人ほどいた人口も閉山後は離村する人が相次ぎ現在は80人とか・・・。

保存されている車両たち

明延鉱山

明延鉱山

明延鉱山

画像は株式会社汽車会社が撮影したものです。

人が減るのは理由がある

これは、明延だけの問題ではないと言えるのですが、若者が地元から離れる・・・その原因の一つは「働くところがない」と言うことかと思います。
誰だって、生まれ育った地域で働きたい希望を持つ人もいるのではないでしょうか。
ただ、地元で働くことが出来なければどうしても、出て行ってしまう。
結果的に高齢者しか残らない・・・これが、いま全国的に起こっている現象です。

何もしないと生き残れない

この町では、1円電車という明延鉱山で使っていた電車が幸い保存されていました、それが観光の起爆剤にしようと活動を続けておられます。
そうした意味では、鉄道を観光目的にしてしまうのは一つの面白いことだと思うし、それこそネットの活用で、世界中に情報を発信できると思うし、時にはlクラウドファンディングなどを活用して、1円電車復活プロジェクトなんかがあっても良いのではないでしょうか。

地方政治家はもっと、自身を改革しないといけない

すでに、上記の記事では、将来的には、雇用の創出をしたいと言っていますが、本来ならばこうした問題点にこそ地方の議員は光を当てていくべきことなのではないでしょうか。
3割自治と言われ、国からの助成金ではその使い道が決まっていると言って、ただ何もせずに補助金なり助成金だけを受け取り、その認証機関に過ぎない議会など不要ではないでしょうか。
むしろ、もっと積極的に議員一人一人が自身で人脈を作り、仲間を増やし、企業などに積極的に出資してもらうといったことをするだけの度量が必要なのではないでしょうか。
特に、自身が生まれた地方を地図にも載らない場所にしてしまいたいのであれば何もしなければそれこそ10年もすれば地方自治体自体が消滅・・・なんてことも起こるかもしれません。
でも、自身が生まれ育った場所をそんなに簡単に捨てられるものでしょうか?
そうならないためにも、少しでも元気なうちに知恵を出して行動すべきではないでしょうか。


そのためにもっと議員は汗をかくべきだと思っています。
「先生」と呼ばれて有頂天になってはいけません。
川柳で、「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし(せんせいとよばれるほどのばかでなし) と言う言葉があります。
1.代議士や教師・医者などは、「先生、先生」と呼ばれて好い気になっているが、呼んでいる方は本当に尊敬している訳ではないんだよということ。
2.大人の社会というところは、ちょっとしたことですぐに人を煽(おだ)てるものだから、乗せられて得意になるものではないということ。 
くろご式 慣用句辞典から引用
まさに、地方の議員はその辺を意識しないといけないのではないでしょうか。
私自身も、政治家を目指すとここで宣言していますが、書いた以上は実現するために、最大限の努力を払うつもりだし、その覚悟でいます。


平和が不断の努力により守られるように、地方の活性化と言うのは、地方議員なり首長の活躍にかかっているのではないでしょうか?

加藤好啓



現在地方ローカル線問題を考えています。

今回は告知だけです。
実は、元々和歌山電鐵の存続運動に関わり、ここに来てJR西日本が運営する三江線と負いうローカル線についても存続に関する方策と言うか提言活動を行っています。
それは、地方鉄道のあり方(JRが運営するのか、地方自治体ベースで運営されるべきなのか・・・交通権の在り方から見た時はどうか、地方自治と言う視点から見た場合はどうなのか。


沿線の各地方自治体にも質問状と言いますか、アンケート形式で回答いただけるようにしていますが、すぐに回答を頂けた地域もあれば、全く無視してしまっている地域もあります。


こうして考えていく中で、地方自治体(特に、地方自治の最小単位である市町村)の温度差がはっきりしてきました。


今後は、きちんと回答していただいた地方自治体については自分なりに解決策を提案したり一緒に考えていこうと思いますが、その逆に無視される自治体と言うのはどうなんでしょうか。


私は、地方自治と国政はあくまで別と言いますか、地方自治の問題に国政のイデオロギーを持ち込むべきではないし、逆に地方レベルで解決すべき問題をいたずらに国政に上げるべきではないと、むしろお上に頼り切るような、補助金(地方交付税)頼みの政策では町は早晩行き詰まるでしょう。


もっと、地方は首長も含めてもっと真剣に取り組むべきではないでしょうか。


現在、下記のブログを公開しています。
お読みいただき、感想などいただければ幸いです。

現実を直視して、その中から本当にすべきことを考えていくべきだと思い、第8回以降は地元の地区別沿線人口などを調べて公開しています。

  1. 三江線を残すための方策を考える。 JRが経営を引き続き行う場合を考える、第1話|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  2. 三江線を残すための方策を考える。 上下分離について考える。|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  3. 三江線を残すための方策を考える。 三江線での宅配便などの荷物輸送を考える。|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  4. 三江線を残すための方策を考えます。病院を三江線沿線に持ってこよう。|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  5. 三江線を残すための方策を考える。 (三セク鉄道もしくは上下分離の上民営化する方策)|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  6. 三江線を残すための方策を考えるため、地元に質問状を送ってみました。|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  7. 三江線を残すための方策を考える。駅ごとの地区別沿線人口を考える。(江津市編)|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  8. 三江線を残すための方策を考える。駅ごとの地区別沿線人口を考える。(川本町編)|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  9. 三江線を残すための方策を考える。駅ごとの地区別沿線人口を考える。(美郷町前編)|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog
  10. 三江線を残すための方策を考える。駅ごとの地区別沿線人口を考える。(美郷町中編)|鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog


おさかな電車に見る地方活性化

ピンクの電車

この電車を見たことあるだろうか?

南海加太線で走り始めた、「おさかな電車」

南海電鉄 おさかな電車


派手さが目立つ水戸岡デザインの梅干し電車と比べるとかなり地味だが、観光路線ではなく純粋の通勤路線であるため室内は普通のシートのまま

もちろん、シートもお魚バージョンに変更されていたり、釣り革がおさかなデザインになっているなど、そうした細かいギミックはされていますが基本的には大きな改造費を掛けずに改造した電車です。

魚をイメージしたつり革

網をイメージした遮光カーテン

廃線も検討課題に上った加太線

加太地域も御多分に漏れず、地域の高齢化問題を抱えています。

そんな折、2014年11月1日から始まった、「加太さかな線プロジェクト」南海電鉄・加太観光協会および磯の浦観光協会と共同始まったこのプロジェクトでは、

「加太・磯の浦エリアの魅力をPRする」と言うことに地元を巻き込んでいくことに成功した例だと思っています。

加太 さかな線のロゴマーク

このマークが入った前掛けを掛けた駅員のポスターが話題になった。


和歌山県立和歌山工業高等学校の生徒が制作した観光駅名看板


加太さかな線プロジェクト|南海電鉄詳細



めでたい電車導入でワクワク感を

そして、今年の5月から運転を開始したのが「おさかな線電車、愛称は「めでたい電車」

運用の関係で、和歌山線に入る場合もありますが、基本的には加太線専用車です。


鯛は明石が有名ですが、実は加太の真鯛も有名で。


鯛=メデタイということで、電車にも「めでたい電車」ということでワクワク感を出してもらおうということで1編成が改造されました。

窓の1枚は目玉に、ピンクの車体にうろこ模様(一つだけハートマークがあるのが判りますか?)


外観をラッピングしたほか、手すりの取り替え、シートの張替えなど、乗って楽しめる要素を入れつつ、通勤通学輸送にも対応できるように基本的な部分は変えていません。

この辺が和歌山電鉄の「たま電車」と異なるところと言えましょう。


さらに、注目すべきことは観光協会も並行して、観光協会加盟の各店が様々な工夫を凝らした商品の開発などを行っていく。

鉄道はあくまでも梃でありレバレッジを利かせるものとして、それを受入れるための工夫をしていると言えます。

民間活力を生かして地域を活性化

南海電鉄は昔は、お大尽なところがあって、新しいことは極力しないと言った方針でしたが、最近はこうした取り組みを積極的に行っているようで鉄道路線そのものが話題になって地域に大量に人を運ぶ事が出来れば地方ローカル線にとっても新しい可能性を見いだせるのではないでしょうか。

さらに、このプロジェクトでは、行政は殆ど介入せずに観光協会と南海電鉄によるコラボと言うことで民の活力を生かした成功事例と言えるかもしれません。

これからも、このプロジェクトを強力に推進していただき、次は加太駅から加太港付近までのアクセス(若い人だけでなく、足腰が弱っている方にも移動しやすいような電動自転車の貸し出しや、バスと連動した循環バスと言ったものの導入も今後の課題ではないでしょうか。)

何もしないと衰退してしまう、だからその前に手を打とう

今は、こうしたプロジェクトで加太線も話題性が豊富になりつつありますが、仮に何もしなかったら多分加太線は誰も注目されることなく今度は加太線を廃止しようか否かと言う問題が出ていたかもしれません。

何でもそうですが、何もしないという選択肢が一番いけないと思います。

今回の成功のポイントは、行政に頼らなかったことが大きいと言えましょう。

行政に頼りすぎると、結果的に時間がかかりすぎて結局は成功すべきものも成功しなくなる。

また、誰かが何かしてくれると言う気持ちになってしまう。

今回の事例では、まず観光協会が動き、それに呼応するように高校も巻き込んでうまく活用できたところが大きいでしょう。

学校としても実習をさせながらプロジェクトに参加できるというメリットもありますから。

まとめに代えて

2014年から始まった「さかな線プロジェクト」、更なる発展があるのか否か、その推移をしっかり見極めていきたいし、今後は適当なタイミングで行政が援護射撃(コミュニティバスの導入など)が必要になってくるのは言うまでもないのではないでしょうか。。