政治家を目指す加藤好啓のblog

政治家を目指すblackcatこと加藤好啓が政治のことなどを語ります。
毎日は更新できませんが、出来るだけ更新していく予定です。
思想的には、保守です。持論としては国政が国防を主として考えるのに対し、地方の場合はいかに地方にずむじゅみんが幸せに暮らせるかを主眼に政策を考えていく必要がありそうした政策を練り上げるためにもこうして情報発信したいと思っております。

東京都知事選挙が終わって

安定した東京?それとも

女性初の知事が誕生し、自民党としても小池氏を処分するか否かと検討に入ったようだが結論から言えば今の自民党ではそれは出来ないであろう。
むしろ、内心はほくそ笑んでいるかもしれない。
それよりも、マック赤坂氏が最終的に5万票近く集めたとはいえ、それ以外の候補者全員が束になっても60万票程しかなく、鳥越氏に及ばなかったことを考えると知名度の重要性を改めて思い知らされた次第。
更に、前回よりも投票率は上がったとはいえ、地域によっては半数近くの人が棄権した地域もあった。
東京都選挙管理員会が発表した資料を基に見てみましょう。

右端の%は当日の有権者数から単純に投票者数で割ったもので投票率と対となるものです。
東京都全体でも4割の人は選挙権があるのに投票に行かず、さらに地域的に見ると、23区内では江戸川区・足立区・葛飾区と言った下町が、また武蔵村山市、その隣瑞穂町、福生市、羽村市の住民もその権利を放棄した方が多いのは何か理由があったのだろうか?


というか、全て多摩地区に偏っていることにちょっと興味を持ってしまいました。
逆に、投票率の高かったのは伊豆諸島の島々の住民で殆どの人が投票に行ったと言う結果となっています。


選挙に行かない原因は?

選挙に行かない原因はどこにあるのでしょうか?
誰が成っても一緒と言う諦め感からでしょうか?
これからさらに検証していく必要もあるでしょうが、棄権して自分の票を無効にさせると言うことは非常にもったいないことであり、またネットでの評判が良かったとしても、それはあくまでネットの世界だけでありリアルの世界ではややはり知名度がモノを言うと言うところでしようか。

知名度には勝てない?

蒸気の図を見ていただくと判りますように、マスコミによる報道と言うか誘導もあったでしょうが、3候補の中で一番得票が少なかった鳥越氏に対してもトリプルスコアで負けていると言う事実は、ネットによる情報がまだまだ日本では脆弱化と言うことかと思います。
改めて、知名度の重要性を思い知らされた次第。


今後、統計手法等を学んだうえであらあ貯めて分析してみたいと思っております。




いよいよ明日は・・・

明日は東京都知事選挙の投票日

私は東京都民ではないので、選挙権は有りませんが、政見放送、都知事選挙公報などを参考に、本当に必要と思える人に投票してくださいね。



選挙は自分のため、それとも人のため?

選挙は、自分のためです。
自分が好きな人に投票すればいいのです、自分の意見を反映してくれる人、もしくは自分の描く理想の東京に一番近い人に投票すればいいんです。
投票しないで、ポケモンGOするのも選択肢ですが・・・ポケモン実は、投票所の近くにあるかもしれませんから、ついでの意足を運んでみてはどうですか?


ポケモンGOだけしていても何も変わりませんけど、ついでに投票所に足を運んで、この人なら都知事に相応しいなと思う人を選べばいいんですよ。


それは、投票する人が自身で決める事ですから。
だから、だれに投票しましょうと今は敢えて言いません、でも、投票しなかったらそうした権利すらも放棄したことになりますから。


例えば、鳥越氏に知事になって欲しくないけれど、行くのが面倒くさいからと言って放棄したら・・・もしかしたら組織票の強いそうした候補が当選してしまうなんてことはあり得る話なんです。

当選して欲しくない候補がいるなら、より投票すべき


だから、本当に当選して欲しくない人がいる場合も投票に行くべきなんです。
その人以外に投票すれば、確実にその人の票は減って、他の人の票が増える。
そうすれば1票差で勝利するなんてことも理屈上起こるんです。


もし棄権していたら、1票差で負けるなんてこともあるわけですから。

それでも誰に入れていいか迷ったら

個人的には、「中川ちょうぞう」を推薦したい。
加西市長を2期経験し、また大手建設会社での経験もあると言うことで、政策的にも安定しているのではないだろうか。

ぜひ、明日の都知事選挙、是非棄権せず投票所に足を運んでほしい。
もしかしたら、投票所付近には多数ポケモンが出現するかもしれないから。笑


明後日は、都知事選挙の投票日

7月14日からの長い選挙戦、いよいよ今日と明日の2日となりました。
私も、今回は「中川ちょうぞう」候補の応援で2回ほど東京往復をさせていただきました。14日は15日昼まで応援、26日は1日だけでしたが応援に行かせていただきました。

都知事選挙は、21人の立候補

改めて、公平を期するために候補者全員の名前と主張を個々に書いておこうと思う。
1 高橋しょうご    無所属 新        
2 谷山ゆうじろう   無所属 新
3 桜井誠       無所属 新
4 鳥越俊太郎     無所属 新
5 増田ひろや     無所属 新
6 マック赤坂     無所属 新
7 山口敏夫     国民主権の会 新


8 やまなかまさあき 未来(みらい)創造経営実践党 新
9 後藤輝樹     無所属 新
10 岸本雅吉      無所属 新
11 小池ゆりこ     無所属 新
12 上杉隆       無所属 新
13 七海ひろこ     幸福実現党 新
14 中川ちょうぞう  無所属 新
15 せきくち安弘   無所属 新
16 立花孝志     NHKから国民を守る党 新
17 宮崎正弘     無所属
18 今尾貞夫     無所属 新
19 望月義彦     無所属 新
20 武井直子    無所属 新
21 ないとうひさお 無所属 新


これだけ見ていると、いかにマスコミが3候補だけ報道しているか解ろうかというものです。


21人も出馬することで大きく票が割れるため、本当に民意が反映されるのかという疑問点もあるし、政策を見比べると言うことも少なくなってしまうのではないだろうか。
それと、今回はあえて候補者のホームページ等は公平を期するために載せていないが、せっかくインターネットでの選挙が解禁になったというのに、ホームページなしと言う候補者も居たりして正直残念に思うんですね。
時分の主張を述べるためにも・・・そんな思いは有ります。


ここに来て、著名人3候補と呼ばれる人たちばかりをマスコミが追いかけていますが、個人的な苦言を敢えて述べさせていただくとするならば。

都知事と国政を混同している候補には当選して欲しくない

週刊誌で、色々な疑惑を騒がれている候補、個人的にはスキャンダルネタをどうのこうのと言うことではなく、都民の幸せを守るべき都知事が、都民の幸せではなくて自民党政権を批判するとか、頓珍漢な発言を繰り返すほうが不可解なんです。


そして、この候補を応援する方にも敢えて問いたい。


組織が応援すると言うから応援するのでしょうか。
もちろん、自分の考え方で判断して、良いと思えば投票すればよいと思うし、そうでなければ別の候補に投票すると言う選択肢もあるのですから。


そうした点では、嫌韓だけで、絞って選挙戦をしている候補にも一抹の怪しさを感じてしまうんですね。


私自身は東京都民ではないので選挙権はありませんが、東京の有権者の皆様がより良い首長を選ばれることを心より願っております。