政治家を目指す加藤好啓のblog

政治家を目指すblackcatこと加藤好啓です。
これからの時代を考える時、地方政治も従来のような指示待ちの姿勢ではなく積極的に地方行政が積極的に住民と一緒により住みやすい町を目指すべきだと考えています。
そこで、まず私自身の考え方を知っていただきたく、こうしてblogで政治的信条や政策を提言させていただく所存でございます。
ぜひ、読者登録をお願いします。

吹田市の問題をこれからアップしていきます。

吹田市に住んで4年経って感じたこと

早いもので、2014年に吹田に引っ越してきて4年以上経過しました。
時間が経つのは早いものです、私もそろそろ準備を始めようと思います。
吹田市は、交通の点で考えると非常に恵まれており、私が現在住むところも、最寄り駅が桃山台なのですが、桃山台の長距離バスのバス停から東京や広島まで乗り換え無しで移動できるほか、地下鉄【北大阪急行】で新大阪まで行けば、東京にも博多方面にも自由に移動することが出来ます。
千里中央まででてモノレールに乗車すれば、大阪空港まで行けますし、京都方面であれば、新大阪経由のJR、千里山から阪急で河原町という二つの選択肢があり,その目的地などに応じて使い分けることが出来ます。
おそらく吹田市内というのは、全国に移動するのに最も所要時間が短い都市の一つかもしれません。そんなわけで、吹田市の場合は田の地方都市とは若干異なっています。
そこで、吹田市ならではの問題点などを自分なりに見つけ出し、それに対する答えを出していこうと思います。


データを参照しながら検証していきます。

思い込みで、こうあるべきだ・・・的に書いても,実現可能なものでなければ意味がありませんので、現状においては更改されているデーターを参照しながら検証していきます。
数値データと言う客観的なものがあることでより信憑性の高いものを作れるそんな気がします。

独自の視点で分析していくことで、より客観的な対策を考えます。

ありきたりな考え方ではなく,時には奇抜な発想で分析して、より客観的な対策を提案していきます。
もちろん費用対効果も考えた上での話になりますが。


自身が首長の立場だったらどんな政策をとるかを意識しながら提案していきます。

なお、自分なりにここで提案する内容は、自分が首長【市長】だったら、どんな判断を下すのかという視点で【もちろん誤りがあれば指摘いただければ有り難いのですが】考えていきます。
まず、自分画素の立場だったらどう考えるのか、その上で出来る有効な対策は何か・・・そんな風に考えて答えを出していければと思っています。

何故?

それは、私も政治家を目指しているから。

京都府庁旧庁舎 議事堂

京都府庁 旧議会室にて





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。