政治家を目指す加藤好啓のblog

政治家を目指すblackcatこと加藤好啓です。
これからの時代を考える時、地方政治も従来のような指示待ちの姿勢ではなく積極的に地方行政が積極的に住民と一緒により住みやすい町を目指すべきだと考えています。
そこで、まず私自身の考え方を知っていただきたく、こうしてblogで政治的信条や政策を提言させていただく所存でございます。
ぜひ、読者登録をお願いします。

大阪都構想とカジノ誘致


大阪の新しい魅力ある拠点はカジノ

大阪都構想の中で出てきた一つに、カジノを南港に誘致して活性化を図ると言うのがありました。

個人的には、こうした賭博性の高いものは嫌いなので個人的には脊髄反射的に反対と言ってしまうのですが、ここではひとまず冷静にメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

カジノ構想によるメリットは、国際エンターメント都市として、大阪のシンボルとなる新たな拠点を創出して、外国からも多くの人を呼び込むことで大阪市の魅力をアップしていけるとしています。

そこで都心から概ね30分以内の場所にカジノを含む総合リゾート施設を大阪市と大阪府共同で開発することで大阪都(大阪府)は発展するというのですが・・・。
そしてこの実現のためにには、都構想が必要であるとしていたのですが・・・。

大阪府のホームページでIR構想の概要を公開されています。

現在も、大阪府のホームページにはIRに関する構想が書かれていましたので引用させていただこうと思います。


以下は、下記を参照ください。

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/10583/00000000/concept2.pdf(概要版)

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/10583/00000000/concept%20soan.pdf(基本コンセプト素案)

http://www.sankei.com/west/news/150729/wst1507290002-n1.html

イメージ図(産経WESTから引用)

と言いながらもカジノと都構想は別と答弁した橋下市長(当時)

カジノに関しては、昨年の住民投票にあたって「都構想とカジノは別」というロジックに転換して、カジノ反対派をいさめようとしたと言う流れもあったそうですが、これについては共産党にあっさりとその場限りの言い訳と言われています。

その時の流れで、ロジックを変えるのは橋下市長にしてみれば日常茶飯事でしたから驚くこともないんですけどね。


個人的には共産党は支持しないのですが、大阪維新に対する赤旗のこの記事は当時の記録として見ていただきたいと思います。

2015年5月13日(水)

「都構想とカジノは別」 橋下氏 その場しのぎ


 ○…大阪市をつぶす「大阪都」構想で実現する政策の目玉としてカジノ誘致を掲げる大阪維新の会代表の橋下徹大阪市長が、市民の批判に追い詰められ、その場しのぎのひどい説明を行っています。


 ○…7日の屋内集会では、カジノに批判的な男性からの質問に、「都構想の話とカジノの話は基本的には別です」などと言い訳。「カジノ反対の方にも都構想は非常に有効なんです」などという詭弁(きべん)を弄しました。


 ○…いったいどんな理屈なのか。橋下氏はまず「僕と松井知事は賛成派」と断りつつも「東京(都)を見てください。舛添(要一)知事になってスパーンとカジノをやめた」などと強調しました。


 ○…「都」構想で市長がいなくなり決定権が「都知事」(府知事)に一本化されれば、進めるのもやめるのもスピーディーになるとの理屈で「今度の都知事選(府知事選)で、カジノが争点になれば、府民のみなさんで止めると決めてもらえれば決着する」というのです。


 ○…こんなばかばかしい話はありません。わざわざ市をつぶさなくても、カジノを止めたいなら、カジノ反対の市長や議員を選べばいいだけです。

○…一方、橋下氏は、誘致に期待する市民からの質問には「都構想が実現しないと(カジノ誘致が)どうなるか分からない」(11日街頭)と述べています。カジノ誘致推進のためにこそ「都」構想の実現が重要だというのが橋下氏の持論です。


 ○…「いやらしい話ですが日本は既にカジノ国家なんです。パチンコ屋がもういたるところにあるから」。11日にはカジノ誘致をこう正当化しました。
 (直)




 ここで、注目したいのは、カジノ反対の方にも都構想は非常に有効なんですと言う発言、更に

「都知事」(府知事)に一本化されれば、進めるのもやめるのもスピーディーになるとの理屈で「今度の都知事選(府知事選)で、カジノが争点になれば、府民のみなさんで止めると決めてもらえれば決着する」というのです。」


普通に何も考えずに聞いていると何となくそうかなぁと思うのですが、

別に大阪都構想ではなくても、カジノ反対派の市長や議員を選べばいいのは当然ですよね。さらに、大阪府も同じように言っているわけですから、反対派の府議会議員を通せばいい訳です。

それをことさらに、都構想と一緒にしようとするからそうした矛盾が生じるわけですね。

維新信者はそれでも橋下改革を信じる

少なくとも大阪維新の支持者はカジノを含むIR【総合リゾート構想】を金科玉条の施策と思い込んでいました。
以前に、ある集会で見た光景なのですが、パチンコよりもカジノはいいギャンブルだと言い切ったのにはちょっと驚きましたね。


さらに、競馬や競艇も止めてカジノに一本化すればいいとまで言っていましてね。
カジノは、パチンコや競輪・競馬よりもいいギャンブルらしいです。苦笑

さらには、ギャンブルするのは大人なのだから自己責任でしょうと・・・。

いえ、その前にギャンブル依存症で家庭崩壊なんて不幸な事例が後を絶たないことは無視ですか。_| ̄|○


少なくとも競馬などの公営ギャンブルは地方振興、実際にはこの公営ギャンブル自体も問題は無い訳ではないのですが、公営ギャンブル自体も今後は時代遅れになっている部分は是正される必要はあると思いますが、それらをすべて簡単になくすことが出来るほど簡単ではありませんよね。
だから、そうした橋下を信望する大阪維新支持者というのも全く理解不能だったのですが、個人的にはリゾート構想で何故いまカジノなのかという思いがあるんですね。
カジノを誘致して外国から人も呼び込めるとして、治安はどうでしょうか?
治安は悪くならないと言う保証はあるのでしょうか?

一般の人の感覚ではカジノはこう思われているのでは?

yahoo知恵袋に昨年同様の質問がなされていましたが、一般の方の見解としてはこんなものではないでしょうか。


大阪市の治安は現在でも決して良いとは言えない状況の中でこれ以上環境を悪くしてどうするのでしょうか。

大阪は、カジノではなく「モノづくりの拠点」であるべきでは?

自民党などは経済界の意向を受けてカジノは推進したいようですが、本当の大阪の文化を守ると言う視点から考えれば、カジノではなく大阪に必要なものは「モノづくりの拠点」「ヒトづくりの拠点」であるべきだと思っています。
大阪にあった本社が東京に移転してしまうことで大阪の地盤沈下が進んでいるわけです。
むしろ地代を安いことを生かして臨海区域にはモノづくりの拠点を作るほうが向いていると思うのです。
皆様のご意見を聞かせていただきたいと思います。






大阪都構想の虚実 鉄道編

泉北高速がハゲタカファンドに売られていたら実現しなかった、泉北ライナー

大阪都構想なるもので、大阪都構想が実現すれば御堂筋線と泉北高速鉄道を接続して相互乗り入れしますと言っていたと記憶しているのですが、覚えておられる方も多いと思います。

しかし、肝心の泉北高速鉄道を外国のファンドに売り飛ばそうとしたのは橋下徹大阪府知事だったのです。

皆さん覚えていますか?…その時は堺市選出の大阪維新の会所属の議員が謀反を起こしたので売却は成立せず事なきを得たのですが、その後南海電車の子会社化、泉北高速に難波からの直通特急(泉北ライナー)が設定されると、泉北高速を民営化したおかげと自画自賛していましたが、・・・。

画像 Wikipedia


御堂筋線直通泉北急行は実現するのか

さて、そこで本題に入りたいと思うのですが、結論から先に申し上げれば、泉北高速と御堂筋線の直通は殆ど不可能ということです。

その理由を簡単に説明しましょう。

西中島南方にて 線路に沿って中央に見えるものが電力を供給するレールで、車輪付近の集電靴と呼ばれるすり板から電気の供給を受けます。

  • 南海電車や泉北高速の電車にはパンタグラフと呼ばれるものが付いています、御堂筋線の電車にはパンタグラフが付いていません。
  • それと、意外と知らない人が多いのですが、泉北高速と南海電車はJRと同じ線路幅ですが地下鉄は実は新幹線と同じ線路幅なんです。
    阪急京都線・千里山線と堺筋線が相互乗り入れしているのは、線路幅が一緒だからです。
    その昔、上牧から山崎付近の阪急と新幹線が並行して走る区間がありますが、ここでは新幹線開業前に阪急が新幹線の線路を走りました。
    これは、新幹線と阪急の線路幅が同じだからできた芸当です。

不都合な真実を隠すことでイメージアップ

あの頃のパネルではいかにも簡単に出来るように書かれていましたが、線路幅が違うのにどうして直通させると言ったのでしょうか?
さらに、線路幅だけでなくパンタグラフをどうしてつけるのでしょうか?

地下鉄は建設に膨大な経費が掛かるため出来るだけトンネルは小さく作ることで経費を圧縮するようにしています。
ですから、阪急のようにパンタグラフがある電車を乗り入れさせるためには、架線を張れるだけの天井を広げる必要があります、それも現在走っている御堂筋線の電車を止めずにです。

結局できないことをできる言って、市民を欺罔させたと言えそうです。

公共交通の在り方とは

私は、公共交通の在り方についてあらゆる機会を通じて研究してきましたし、和歌山市に住んでいた頃には、和歌山電鉄の存続運動にも関わったことがありました。
そんな中で、考えたのは移動権を守るためには、原則として公共交通は公有であるべきではないかというのが基本的な考え方です。
もちろん、大阪市営地下鉄の場合、民営化するとしても在阪私鉄に切り売りするような民営化は賛成できません。


民営化を仮に行うとしてもNTTやJTのように大阪市が30%以上の株式を保有することを前提とした民営化を行うなど、公共性を生かせるべきだと思っています。
むしろ、大阪市が中心になってPITAPAなどの電子マネーを活用してゾーン制運賃の旗振り役をしていただければ公共交通にあり方が根本から変わるかもしれません。


子育てがしやすい街とは

地方が選択される時代がやって来た。

最近の傾向を見ていると、選ばれる地方と見捨てられる地方という言い方をすると失礼かもしれないがそうした傾向があるように思います。

例えば、関西では熊取町などは大阪市内まで約1時間以内で行けるし、関西空港までも約30分ほど(電車・車とも)と言った利便性を武器に、「子育てしやすい町 くまとり」というキャッチフレーズに積極的に売り出しています。

例えばその施策を、ホームページから引用させていただきますと、

保育所を拠点とした子育て支援の充実ということでさほど広くない町域で8か所の保育所があることをアピールしています。

他にも医療費補助なども行われていますが、医療費補助などは地域によっては小学6年生までとかという地域もありますから熊取町が特に優れているという訳でもないでしょうが、都市部などからの若者を取り込むための工夫はされていると言えましょう。

子育てしやすい町 くまとり




吹田市の場合はどうなんだろう?

今後、地域は子育てがしやすいか否かという視点が一つの問題になってくると思われます。その反面、私が現在住む吹田市を一つの例で考えてみますと、吹田市では基本方策として子育て世代の人々の流入政策を積極的に今後も取らないと言う方針らしいです。

というのも、流入人口が多くて自然増をしているからだと言われています。

実際に、大規模マンションの建設でさらに人口増が見込まれるなか、小学校や保育園の問題が今後も出てくることが予測されます。


実際に、吹田の場合は地域的にはかなり増えており場所によっては小学校をどうするのかという問題を抱えているわけで、特に小学校の場合は最低6年間は大幅に増減することは無い訳ですからそう考えると都市政策をきちんと考えていく必要はありそうです。

参考 吹田は人口が増えています。どの地域が増えているのか調べてみました。 | スイタウェブ

交通の利便性が高いことも要件の一つ?

吹田の場合、やはり江坂の人気が一番高いと言われています。

大阪市営地下鉄で直接大阪市内に出れる訳で10分程度で梅田に出れることは大きいと言えましょう。

ただ、江坂以外の地域では意外とそうした鉄道網や交通網が貧弱であったりします。

私は春日に住んでいるのですが、北大阪急行が走っていますので、桃山台まで出れば大阪市内に出るのは比較的楽ですが、北千里や山田に行こうとすると、南千里まで出るためには、車を保有していないため「自転車」か「徒歩」しか選択肢がありません。
仮に、バスが走っていればそれを利用できるのですが結果的に利便性が阻害されています。

大規模なマンション開発などでは、マンション住民のために専用のコミュニティバスを走らせたりしているマンションもあるようですがあくまでもそのマンションの住民専用という位置づけであり公共性という点では問題が残ります。

現在、私も千里地域のコミュニティバス導入に向けて勉強会などにも参加させていただき、積極的に提言活動などをさせていただいているのですが、公共性のあるバスというのは高齢者だけの乗り物ではなく子育て世代の母親にも必要なものだと考えられます。

全体では増えているがその反面高齢者タウンになっている地域の対策を

全体では吹田市を例にとると人口が増えているからこれ以上の移住を積極的に行わないとしているが、実際に最初に開発されたニュータウンである。青山台や古江台では老朽化した公団や府営住宅が目立っており、年齢層も高齢化が進み学校が廃校になると言もんぢ亜が生じています。

そうした問題を解消するためにも、積極的に老朽化した地域の団地の積極的な建て替えもしくは大幅なリニューアルで積極的に地域として若い人が定着するようにしていく必要があるのではないだろうか。

旧北千里小学校

画像・廃校となった北千里小学校HPから引用




http://www.suita.ed.jp/gak/es/36-kitasen/ (廃校となった北千里小学校)